B型肝炎特別措置法

病院13

B型肝炎という言葉を耳にしたことがある方は少なくないでしょうが、それがいったいどのような病気なのかご存知という方は少ないのではないでしょうか。B型肝炎とはB型肝炎ウイルスによって引き起こされる病気で、さまざまな疾患を引き起こします。

放置しておくと肝硬変や肝がんといった重大な病気になってしまうこともありますし、最悪死に至ってしまうこともあるでしょう。B型肝炎は血液や体液などを介して感染してしまうのも特徴です。日本国内にはB型肝炎の持続感染者が110~140万人ほど存在すると言われています。

B型肝炎に感染してしまう理由はさまざまなのですが、中には昭和23年から63年までのあいだに国が実施していた集団予防接種、もしくはツベルクリン反応検査などが原因で感染してしまった方もいます。この時期の予防接種では注射針を交換することなく使いまわしていたことが明らかになっていますし、それによって多くの方にB型肝炎が蔓延してしまったのです。

注射針の連続使用によってB型肝炎に感染した方は40万人以上いると言われていますし、国もその過失を認めています。

そこで、B型肝炎特別措置法という法律を制定し、集団予防接種によってB型肝炎に感染した方への対処を進めているのが現実です。

ここでは、B型肝炎特別措置法の基本的な情報、給付金についての情報についてまとめてみました。B型肝炎の特別措置法や給付金について知りたい方はぜひ目を通してください。

参照→弁護士法人アディーレ法律事務所